じゃあ何聴けばいいの?(1)

2012.11.20 00:00|みずかレッスン
友人から質問がありました。


Q:「じゃあさ、子どもと一緒にどんなクラシック音楽聴いたらいいんかね?」







ふぉっふぉっふぉ・・・そんなときのために私がいるんです~^^♪ 


さ、これ聴きなさい!と勧めたい曲は山ほどあって、それはまさに、グルメと一緒(爆)。
あなたが何をおいしいと思うのかが分からないと、私も変なもん出せません(笑)。


・・・とはいえ、


食材でも、たいていの人が好きなんじゃないかな?というのがあるのと同じように、
音楽にもその考え方が当てはまると思うのです。



ただそのためには、いろんな味を知らないと自分自身でも自分の「好み」がわかりません。

さぁーて、「よっしゃ!じゃあ手当たり次第聴いてみよう!」と思われた方。
大変素直でよろしい(笑)。

でもそこでいきなりブルックナーとかだと、ちょっと「ひえぇ~」となってしまいかねないので(爆)、
ここでひとつ、提案があります。



小中学生のお子さんをお持ちのお父さんお母さんは、お子さんの音楽の教科書を、
パラパラと眺めてみたことはありますか?もしまだだったら見てみて下さい。

必ず、『鑑賞教材』というのが入っているはずです。

そこには、各学年の児童生徒に分かりやすい手引きも書いてあります。
これを聞いてみない手はありません!

しかも、私たちの年代が子どもだった頃にはなかった曲が選ばれていたりもします。


教科書は、とっても配慮されて作られています。ほんと馬鹿にできません。

お子さんも一緒に聴けたら、「あ、これ学校で聴いたーーー!!」と反応してくれるかもしれません。
その上、さらにしっかり記憶に残ってくれるでしょう。

(ただし、近年、鑑賞教材をあまり扱わない先生もいらっしゃるそうです・・・。残念)



高校の音楽の教科書にも鑑賞教材はありますが、それくらいの年代のお子さんだと、
親御さんにとっては一緒に聴いてくれるほうがありがたくて、音楽なんかどーでもいいって
思われちゃうかもしれませんね(笑)。

でももし一緒に聴いてくれないとしても、教科書があるようでしたら見せてもらってください。



で、お子さんがすでに大人になっちゃって教科書がない、お子さんがいらっしゃらない、という方。


こんな自由はないじゃないですか(爆)。早速、音楽グルメの旅に出かけましょう!!
名前を知っている作曲家のCDを買ってみる、テレビに出ていた誰々さんのCDを買ってみる、
コンサートに出かけてみる、いろんな選択肢があります。

せっかくですから、音楽にちょっとお金をかけてみる『ゼイタク』を味わってください。
音楽が全くない生活よりも、芳醇で豊かな音楽のある暮らしを楽しんで下さい。






テーマ:ピアノ
ジャンル:音楽

タグ:オランダ ピアノ レッスン コンサート CD

コメント

非公開コメント

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

☆Mizuka☆

Author:☆Mizuka☆


ピアニスト・ピアノ講師
おんがくのせんせい

「にんげん」が大好きです。



瑞香のFacebook公式ページもよろしく
お願いします!

こちら


義理人情に厚い群馬県
桐生市生まれ、みどり市育ち。
大間々中学校→
桐生女子高校英語科→
新潟大学教育学部→
新潟大学大学院→
デンハーグ王立音楽院→

毎日が、今の自分をさらに
自分らしくしていくための
修行になってます。

今までいろーんなことを
書いてきましたけども、
これからもますます
私らしく生きながら、
日々思うこと考えることを
綴っていこうと思います。

ピアノの教育についても
独自のセンスでスパッと
斬っちゃいますよ(笑)。

コンサート情報


4月16日(日)
松濤サロンコンサート

5月28日(日)
ガラコンサート

:::::

*カテゴリ「みずかおん」は
私の演奏の音源倉庫です。
お聴きになりたい方はどうぞ
そちらへ“ご来場”下さい♪

カテゴリ

最近書いたやつ。

QRコード

QRコード

メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

*コメント*

リンク

アクセスカウンター