がんばらない、と言うために。

2013.04.27 03:32|今日の気づき☆
人間には煩悩が108つあるとか、無我に至れるように日々精進しましょうとか、
より少ない苦悩を感じながら生きるためのアドバイスは、おそらくもう何千年と語り継がれてきたでしょう。

ギリシャの哲学者しかり、中国の儒学者しかり、それはもういーろいろな人がいーろいろなことを
あーだのこーだのぱーだのぴーだの言って指し示してきて下さっている。

なのに。


なんでしょう、この現状は(笑)。


私自身、数年前から「がんばらない」という言葉をスローガンにしてきました。
だってみんなもう普段からたくさんがんばってるじゃない?なのにまだもっとがんばるの?
そこまで気を張らずに、肩肘張らずに、少しゆったりしましょうよ^^?

・・・ってここでもお話してきました。


だけど、そう言える人は、そう周囲に伝えてもいい(その資格がある?)人というのは、
実は「とんでもない苦労をこれでもかこれでもかとしてきた人」であって、
私のような生易しい苦労しか経験していないような青二才が言うことではないのではないか。

最近そんな気がするんです。


だったら、その「がんばらない境地」にたどり着くために、つらいことを経験しようじゃないの。
もっともっと苦労を経験してやろうじゃないの。いろんな気持ちを体験しようじゃないの。


ちょっとここらで、本気でがむしゃらに生きてみようじゃないの。

ただし、苦行としてではなく、人生の「楽しい(?)お勉強」として。


そう思うんです。


今までももちろんそうですが、ここ最近めまぐるしい変化が絶え間なく続いていて、
ちょっと前の自分が知る由もなかったあらゆる種類の感情を、私は毎日のように味わっています。

文字通りのいろんな感情を。

時々、「私の中にこんな感情があったなんて・・・」と自分で気づいてびっくりすることもあります。
でもそれは、そう感じさせてくれる経験をしないと一生感じられないもの。


この世に存在するあらゆる色彩(=感情)の全てを自分の人生に取り込むことは難しいかもしれないけど、
できるだけ多くの色彩を取り込むことで、自分は、限りなく透明色に近い心の持ち主になれるのではないか。
いろんなことを経験したからこその、濁りのないプリズムのような心に。

だけど今は、そんなことすら考えたり期待したりせずに、自分が選択した道を信じてただひたすら一生懸命生きたい。



私のことをいつも気にかけてくれている全ての人たちに感謝しながら、大切にしながら・・・。



さあ、自分の人生にYES!と言おう。



テーマ:楽しく生きる
ジャンル:ライフ

コメント

非公開コメント

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

☆Mizuka☆

Author:☆Mizuka☆


ピアニスト・ピアノ講師
おんがくのせんせい

「にんげん」が大好きです。



瑞香のFacebook公式ページもよろしく
お願いします!

こちら


義理人情に厚い群馬県
桐生市生まれ、みどり市育ち。
大間々中学校→
桐生女子高校英語科→
新潟大学教育学部→
新潟大学大学院→
デンハーグ王立音楽院→

毎日が、今の自分をさらに
自分らしくしていくための
修行になってます。

今までいろーんなことを
書いてきましたけども、
これからもますます
私らしく生きながら、
日々思うこと考えることを
綴っていこうと思います。

ピアノの教育についても
独自のセンスでスパッと
斬っちゃいますよ(笑)。

コンサート情報


4月16日(日)
松濤サロンコンサート

5月28日(日)
ガラコンサート

:::::

*カテゴリ「みずかおん」は
私の演奏の音源倉庫です。
お聴きになりたい方はどうぞ
そちらへ“ご来場”下さい♪

カテゴリ

最近書いたやつ。

QRコード

QRコード

メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

*コメント*

リンク

アクセスカウンター